つぶやき

ボッセーの田舎のおうち – フランソワーズとミシェルの家

アントワヌくんのパパの、ふたりのお姉さんたちが避暑で滞在している
Bossay(ボッセー)の田舎のおうちにも遊びに行きました。
これが一番上のお姉さん、フランソワーズの家族が
夏や冬のヴァカンスに暮らしているおうち。

Bossay のフランソワーズの家 右側

右の平屋はキッチンや食堂、書斎などになっています。
正面1階はミシェルとフランソワーズのアトリエとみんなのリビングで、
2階はバスルームがあったり、子どもたちがそれぞれの家族と過ごす部屋です。
上の建物の左側に、倉庫とガレージのような下の建物があります。

フランソワーズの家 左側

ここは昔、パパのご両親が住んでいたおうちなのだそう。
彫刻家のミシェル(フランソワーズの夫)とその子どもたちが大改造して
今のようなアトリエ兼メゾン・ド・カンパーニュになったのです。
もちろん、改造は現在進行形、さすがブリコラージュ(日曜大工)大国。
これはフランソワーズとミシェルの娘、
つまりアントワヌくんのいとこに当たる Mathilde(マティルド)の仕事部屋。

_MG_3185.jpg

彼女の旦那さんは LACOSTE(本来、フランス語だからラコストゥ)一家で
Mathilde もそこで働いているのですが、色を操るのが彼女の仕事。
いつも、紙や絵の具、布などを使って色の実験(?)をしています。
今回はたくさんのカラフルなリボンを使っていました。
今年春夏の、LACOSTE の雑誌広告やカタログを見たことのある方いるかな?
モデルさんたちを吹き飛ばしていたあの扇風機は、
Mathilde 自前のコレクションなのです。
キッチンはこんな感じ。

フランソワーズ宅のキッチン

これ(手前)が、フランソワーズとミシェル。

フランソワーズとミシェル

奥で鼻をかんでいるのはパパ。
みんなの顔色が悪すぎるのは、わたしの写真のせいです。
ホワイトバランス変えてみたんだけど、もう一度調整し直さなくては。

アンティークのコランダーと蹄

外壁にさりげなく、アンティークのコランダーと蹄が掛けてあったり
あちらこちらに素朴な野の花のブーケが生けてあったりして、
アーティスト一家であるフランソワーズたちのセンスがうかがえます。

水道まわり

水道まわりもかわいい。
まんまるな葉っぱがとっても不思議で思わずパチリ。

葡萄の葉っぱと果実

屋根づたいに生えるブドウの木、生い茂った葉っぱは庇のよう。
アントワヌくんは、毎年ここのブドウが熟すころ、写真に撮って送ってくれました。
ここまでは中庭の写真たちです。
中庭ではなく、外側の庭に離れのようなものがあって、
イチジクの木がたくさん実をつけていました。

庭の離れとイチジクの木

このおうち、シャルノワールの何倍も庭があります。
この写真に写っている何倍も。

わだち

敷地内に轍が長く続いているというのは
いつまでもたっても夢のまた夢です。
最後に、その広大な庭に咲いていた花たちを、選りすぐって。

コスモス
ピンクのヒャクニチソウ
不思議な青いヨロヨロ花

2 Comments

  • ゆうゆ

    RiKiKiさん、こんにちは。
    お久しぶりです^^
    ちょこちょこブログは見てたんですが
    バタバタしててコメント出来ず。。
    お元気でしたか^^
    フランスでのバカンス、なんだか夢のようですね。
    素敵なオウチです。
    ほんとにこんなオウチ住んでるんですよねぇー
    それも避暑で住む?
    素敵過ぎます♪
    あぁ、いっぱい写真撮ってみたい!!
    (って、写真好きの宿命か、まず写真撮りたいって思いが。。(笑))

  • ChibiRu

    ゆうゆさん♪
    こんにちは、ゆうゆさん、お久しぶりです!
    全然おともだちのブログにも訪れてなくて・・・スミマセン!!
    そして、このコメント見逃していて、お返事がとっても遅くなり
    重ね重ねごめんなさい。
    元気ですよ。
    パリは8月だというのに寒いくらいです。
    カーディガンは必需品ですよ。
    ね、ね、避暑で住むおうちがあるなんて素晴らしいですよね♪
    普段は都心のパリで生活して、ヴァカンスはここ。
    なんてなんて、贅沢なんでしょう!
    写真撮りたいっていうの、分かりますよ☆
    わたしもこの日だけで、100枚近く撮っちゃいましたから♪
    (持って行ったのはデジイチだけですけどね)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です