たからものたち

Courbevoie のブロカント n°5 – La MAISON de BÉBÉ

もともとは絵本作家になりたかったわたし。
だから、絵本は新しいものも古いものも昔から大好きで、ずっと集めています。
でもフランスにお引っ越しのとき、新しいものはだいぶ処分しちゃったんですけどね。
こちらは「ベベ(赤ちゃん)のおうち」という(勝手に訳しましたが)
赤ちゃんの1日を朝から晩までつづったとても可愛い絵本。

La MAISON de BÉBÉ n°1

わたしの読み方が正しければ、1950年発行のもの。

これが表紙を開いたところ。
もとの持ち主さんの、名前と住所が書かれています。

La MAISON de BÉBÉ n°2

オシャレさんです、このベベちゃん。

La MAISON de BÉBÉ n°3

とにかくイラストが可愛い。
こういう色づかいやタッチ・構図などを見ていると、創作意欲をかきたてられますね。

La MAISON de BÉBÉ n°4

こんな可愛らしい絵本なのですが、ベベちゃんがママのでっかいエプロンをつけて
椅子にのぼってお皿洗いをしているページなんかあって、そのシーンはかなりシュール。
まあ、1日にすることを紹介するコンセプトに適ってはいると思うのですが。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です