オランダ・アムステルダム

アムステルダムの自転車

オランダは自転車大国と聞いていたのは全くその通りで、
道の両脇にはたくさんの自転車が駐車してあり、歩くのにもまず何より、
飛ばしてくる自転車に気をつけなければなりませんでした。
たくさん可愛い自転車を見かけたので写真でご紹介。

アムステルダムの自転車 #1

本体の渋い色合いと後輪のタイヤカバーの水玉の組み合わせがかわいい。

アムステルダムの自転車 #2

無造作に停めてあるようで、盗難をがっちりガード。
荷台につけて両脇にさげるバッグはたくさん売っていました。
ブレーキレバーのない自転車はオランダ特有のものだそう。
ペダルを逆にこぐとブレーキになるそうです。
ブレーキレバーに慣れちゃった人は、乗りこなすまでは大変そう。

アムステルダムの自転車 #3

子どもを乗せる箱つき自転車。
数人の子どもがひとつの箱に乗っているのも見かけました。

アムステルダムの自転車 #4

すごい、フル装備!
赤いお花のデコレーションがイカしてます。

アムステルダムの自転車 #5

車輪の内側まで真っ赤っ赤。
飾りのナンバープレートがレトロでかわいいです。

アムステルダムの自転車 #6

タイヤのスポークがたくさんの瓶の王冠でデコレーションされています。

アムステルダムの自転車 サドルカバー

サドルカバーまでおしゃれ。
これも、あちこちの雑貨屋さんでかわいいものが売っていました。
通行者の中でも自転車は、とても優遇されています。
道路には至るところに、自転車マークが描かれた専用レーンがあり、
ときどき自転車専用信号もあります。
駅の改札は、自転車でも通れるようとても広くできていて、
電車の車内には自転車を停めるスペースもあり、優先車両もあります。
次回は、そんな自転車大国オランダで、電車で遠出し
鮮やかなチューリップ畑をサイクリングしたお話をしますね。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です