フランス田舎町

夜のポワティエ

今回ご紹介するのは、夜のポワティエとクリスマスのイルミネーション。

夜のポワティエ #1

パティスリー(ケーキ屋さん)もクリスマス仕様♪
いろんな形のビュッシュ・ドゥ・ノエル。
(日本風にいうならブッシュ・ド・ノエル)
ビュッシュとは、フランス語で「薪、たきぎ」の意味。
薪の形をしたロールケーキをクリームで包み、
ツリーやサンタクロースでデコレーションしたものが主流になっています。

夜のポワティエ #2

白いサパン(もみの木)に赤いデコレーション。
ボードゲームやカードゲーム、ルービックキューブなどなど、
テーブルゲーム専門店のウィンドウディスプレイです。

夜のポワティエ #5

こちらのツリーは赤いロゴがプリントされたリボンで
デコレーションされていました。

夜のポワティエ #3

フランスでは小さな町でも、ノエルの時期になると
主な通りに渡したこんなイルミネーションがあちこちで見られます。
もちろん、我が町クルブヴォワやアニエール、シャテルローにもあります。

夜のポワティエ #4

教会の前から大きな通り沿いにずらりと軒を連ねた
マルシェ・ドゥ・ノエル(クリスマス・マーケット)。

夜のポワティエ #6

メインストリートのクリスマス・イルミネーション。

夜のポワティエ #7

昼間にうまく撮れなかった子どものろばくん。

夜のポワティエ #8

子ども向けゲームの小さな屋台がいくつかありました。
水風船釣りみたいに、あひるのおもちゃが水の中で回っています。

夜のポワティエ #9

フランスでは、公園やメトロの出口などの広場など、あちこちに
マネージュと呼ばれるメリーゴーランドがあります。

夜のポワティエ #10

ブロサック公園でのノエルの催し物のポスターがかわいかったのでパチリ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です