3びきのこぶた

世界名作劇場 *3びきの子ぶた

「3びきの子ぶた」より。

これは民間伝承によるおとぎ話で、出版は18世紀後半にさかのぼりますが、たぶんそのもっと前から存在していたのではないかと、Wikipedia にはあります。1857年まで何度も加筆されたのだそう。

このあたりの、オオカミが出てくるお話(「おおかみと7ひきの子やぎ」「赤ずきんちゃん」など)は、オオカミが実際にウロウロしていない日本ではあまり実感がわきませんが、ここフランス(おそらくヨーロッパ全体といえるかな?)ではオバケよりも怖いんだって・・・魔女もね。

Visual Portfolio, Posts & Image Gallery for WordPress

『世界名作劇場』とは、1997年に東京・代官山のカドリー・ラボにて ChibiRu が開催した個展です。

と7つの物語の7つの場面を制作しました。