カラリちゃん - パペット & マケット & デッサン

絵本作家の荒井良二さんがデザインしたキャラクター、カラリちゃんのパペット制作を手がけました。このカラリちゃん、Instagram のヘアカラー百科事典というアカウントのキャラクターであります。

荒井良二さんは、雑誌にイラストを描いてらっしゃる頃から大好き。娘にも何冊か絵本を買って一緒に読んだり、サイン会にも参加したりしていて、今回のお仕事をいただいたときには本当にうれしかったのです。

カラリちゃん
完成したカラリちゃん。

カラフルなカラリちゃんは、カラフルな大判フェルトで作ろうと、イラストを見たときから決めていました。

カラリちゃん - パペット
手を入れるとこうなります。左手専用です。

パペットなので、手を入れたときに心地よいように、動かした手になじむように、細心の注意を払いました。

カラリちゃん - マケット
シーチングの仮縫いではなく、今回は紙でマケットを制作しました。

ひさしぶりのマケット作り、始めたら楽しくて楽しくて♪♪♪
しかし、途中でセロハンテープがなくなってしまい、マスキングテープで代用することに。

あと、紙と布の性質は全然ちがうので、マケットとパペットの仕上がりの差に唖然・・・フェルトとなると、そして更にそこに綿を詰めるとなると、紙のときには出ていたきれいなカーブが消されてしまって。今度はシーチングで仮縫いすべきだなぁと反省したのでした。

カラリちゃん - パペット & マケット & デッサン
イラストとマケット、完成したパペットをならべるとこんな感じ。

わたしの前に頼んだ業者さんの立体イラスト(正面・側面・背面を展開した図)と荒井さんの原画にかなりのズレがあるということでご依頼いただいたので、とても緊張しました。イラストに近づけることができたかしら?

お仕事をくださったふくちゃんさん、どうもありがとうございました。