サンタマンの陶器のオヴァール皿とソースボウル

まだ日本に住んでいた2007年ごろ、仕事でフランスを訪れた際に
アントワヌくんのママンの生まれた町、Le Blanc(ル・ブラン)のブロカントで買った
St AMAND(サンタマン/サンタモン)のバラとお花の陶器のオヴァール皿とソースボウル。

IMG_2645.jpg

ちょっと小さめの、オヴァール皿。
ぽってりしたピンクの手描きのバラとお花の模様、赤いラインがかわいいです。

IMG_2649.jpg

こちらがソースボウル。
お料理とは別に、汁やソースをサーヴするときにこのボウルに入れます。

IMG_2648.jpg

St AMANDSociété des grands établissements céramiques とあります。
「サンタマン(サンタモン)-セラミック製造大企業グループ」というような意味。
ここでいうセラミックとは、陶器・磁器・ガラスなど。
広辞苑によると、煉瓦やセメントなども含めていうそうです。
Saint-Amand-les-Eaux(サン・タマン・レ・ゾー)というフランスの北、
Lille(リル)から40kmほどの南東のベルギーとの国境沿いの町で作られました。
ここも Sarreguemines(サルグミン)や Lunéville(リュネヴィル)同様
陶器の窯元が多くあった町のようです。
サルグミン、サンタマンなどについては、またゆっくりじっくり調べたいと思います。
実はこの食器たち、フランスのおみやげにと、買った年に日本に持ち帰って
母にプレゼントしたのだけど、今日、ふと製造元が気になって裏を見ていたら
「それ、使い道がないから欲しいなら持って帰っていいよー。」と母。
彼女、わたしが昔から古物やアンティークを集めているのを知っているし
とくに蚤の市コレクションの陶器シリーズをこのブログで見ていて、
このお皿とソースボウルがわたしの大好物だということを知っていたのです。
よし、おことばに甘えて持って帰っちゃおうっと♪

2 Replies to “サンタマンの陶器のオヴァール皿とソースボウル”

  1. sarah1009 ちゃん♪
    ありがとう!
    ブロカントはとっても楽しいので、今度一緒に行きましょう。
    わたしも全然知らないことだらけなのでいろいろ調べたいと思います。
    歴史や文化を垣間見れて楽しいですよね。

  2. ステキなママン♪
    こういうアンティークやブロカントのものを私も楽しめるようになりたいな~!これぞフランス、ヨーロッパの楽しみの醍醐味なはずっっっ!これからもせめて知識だけでも、日々の生活に追われるこんな私に提供してください☆笑

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください