Emmaüs N°1 – カフェオレボウルたち

またまたお久しぶりです、ChibiRu です。
連日バッタバタの展示会&お教室と家族へのクリスマスプレゼント探しのため、
ブログを更新するどころではありませんでした・・・ごめんなさい!
といっても、気軽で手軽にアップできる Facebook のほうには
近況や写真なんかも載せたりしていたんですけどね。
ここにまだ書いていなかったので、追記でお話しますが、
ノートブックパソコンやデジタル一眼レフをスーツケースごと盗まれてからというもの、
写真を撮ったり、出先でブログを更新したりということができなくなってしまいました。
来年の春には買い直せるようにとお金を貯めているので、もう少しの辛抱。
さて今日は、シャテルローへ行くたび定期的に訪れている
エマユスのブティックで見つけたとってもとっても大好きな掘り出しものたち。

カフェオレボウルたち

そう、カフェオレボウル!!!
色といい柄といい、どこをとってもいいですねぇ・・・眺めているだけで癒やされます♪♪♪
物欲王は廃業したかったのですが、当分は無理そうです。


ぜひみなさんに知っていただき、気をつけていただきたいので、ここに書きます。
フランスに住む方には特に、読んでいただきたいと思います。
10月17日の夜9時40分頃モンパルナス駅で、TGV の荷物置き場に置いたスーツケースを盗まれました。
夫の実家があるシャテルローの駅に着いてから荷物がないことに気づいたのですが、
スーツケースに入っていた MacBook Pro をネットで追跡したところ、
Esplanade de la Rotonde で見つかったところからも、モンパルナスで TGV が発車する前に、
わたしたちが荷物を置いて席に着いたのを見計らって持っていったものと思われます。
中には書いた通り、MacBook Pro, そしてデジタル一眼レフカメラに交換レンズ、
仕事のアイディアノートにスケジュール帳、デッドストックのゲームソフト類(夫のもの)、
お気に入りの洋服たち、義母に贈られたばかりの下着たち、
それからヴィンテージの化粧ポーチや娘からプレゼントされた化粧品など、
お金には換えられないものたちもたくさん入っていました。
警察は、パソコンのありかがハッキリと分かっているにもかかわらず、
法律上、夜は建物内には入れないからと、捜索を拒否されました。
そして、ジャンキーが多い場所だから、うかうか行けないとも。
ヴァカンスから帰ってきたのは夜の12時近くだったので、
翌日の朝、夫が仕事に行きすがら、モンパルナス駅の警察に行きました。
ホームの防犯カメラに何か手がかりが写っているんじゃないか、ということで
藁にもすがる思いで訪れたのですが、
「わたしひとりなんです、セキュリティ上開けることができません」
と、扉さえ開けてもらえず門前払い。
仕事帰りにふたたびモンパルナス駅に寄ると、今度は
「怪我人でもいない限り防犯カメラを再生することはできません。
 そして、防犯カメラの有効期限は72時間です。」
といって断られたそうです。
泣き寝入りするしかありませんでした。
わたしはここ10年以上の間、TGV の荷物置き場に平気でスーツケースを置いていました。
最初のうちは「こんなところに放置して見張りもなく、危ないんじゃないの???」なんて
危惧していたのですが、そのうち何も起こらないことに慣れてしまっていました。
それに、TGV の客室は通路も座席も狭く、網棚も小さく、置く場所は全くありません。
(車両によっては稀にワゴン内に小さな荷物置き場がある場合もありますが、すぐに埋まってしまいます)
こんな長い文章を書いたのも、もう同じ目に遭う人が出て欲しくないからです。
どうか、こんな事例もあると思ってこころに留めておいてください。