シャルノワールの花たち

シャルノワールの庭には、たくさんの花が咲いていました。
(シャルノワールとは、アントワヌくんの実家の前を通る道の名前。
 それをとって、みんながこう呼ぶようになりました。)

マオニア

Mahonia(マオニア)
Twitter 情報により、日本名は柊南天と判明。
教えてくださった方、どうもありがとうございました!

ピンクのヒヤシンス

Jacinthe(ジャサントゥ)
ヒヤシンス。
うすいピンク色が可愛らしいです。

藤色と紫色のヒヤシンス

Jacinthe(ジャサントゥ)
ヒヤシンス。
こちらは藤色と紫色。

サクラソウ

Primevère(プリムヴェール)
サクラソウ。
プリマヴェーラといったほうが聞きなれているかな?

椿

Camélia(カメリア)
ママンの椿。
大きくて立派です。

桃 #1

Pêcher(ペシェ)
桃。

桃 #2
木瓜

Cognassier du Japon / Pommier du Japon
(コニャスィエ・デュ・ジャポン/ポミエ・デュ・ジャポン)
コニャスィエとはマルメロのことらしいです。
マルメロとはセイヨウカリン(単にカリンとも)のことらしいです。
うちの母によると、日本語では木瓜(ぼけ)。

黄色い水仙

Jonquille(ジョンキーユ)
黄色い水仙。
あちこちで春を告げる、フランスでもポピュラーな花です。

カシスの花

Cassis fleur(カシス・フルール)
クロフサスグリ、カシスの花。

雛菊

Pâquerette(パクレットゥ)
ひなぎく。
パック(イースター・復活祭)の時期に咲くからこの名前。

キズイセン

Coucou(クゥクゥ)
キズイセン・キバナノクリンザクラ。

蘭

Orchidée(オルシデ)
春蘭。
うちの母が2006年にアントワヌくんにプレゼントした蘭が開きはじめました。
彼女が花をつけたのは、フランスに来てから初めてのこととか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください